2009年入社。法学部法律学科卒。学生時代、英語に興味を持ち、海外に短期留学。外国と関わる仕事をしながら英語を磨きたいと商社を中心にOB訪問した。先輩の仕事にかける情熱、社会貢献度の高さ、取引規模の大きさに魅力を感じ入社を決めた。
入社後3年間は電子機器メーカー向け輸入ビジネスを担当。4年目から防衛省向けビジネスに担当を変わり、現在、航空自衛隊・海上自衛隊が保有する航空機の搭載電子機器・部品の輸入を手がける。
2013年入社。経済学部経済政策学科卒。小学校から高校までバトントワリングに打ち込む。大学では経済全般を学び、簿記を専攻。就職では業種にこだわらず幅広い企業を訪問。防衛という社会的役割の大きさ、事務職でも幅広い仕事ができることにやりがいを感じ、住商エアロシステムに入社した。
常松さんのパートナーとして事務全般を担当。ビジネス英語や専門用語、専門的な知識を学びながら、業務幅を広げている。

07:00
起床。ハードな1日に備えて朝食をしっかりとる。
08:20
自宅を出る。
09:15
始業時間は9:30だが少し余裕をもって出社。
まずはメールをチェック。海外メーカーからのメールに対応。
海外メーカーの動きを把握。今日の業務の優先順位を考える。
09:45
福井さんと1日のスケジュール・業務打合せ。
何が懸案となっているか、どの書類をいつまでに作成するか、どのような連絡が必要かを調整する。席が隣なので、いつでも緊密なコミュニケーションを取りながら業務ができる。

06:00
余裕をもって起床。朝食をしっかりとる。和食好きなのでご飯を炊く。
07:30
自宅を出る。
08:30
誰よりも早く出社して、海外メーカーからのメールをチェック。
ビジネス英語・専門用語を勉強中なので、時間をかけてじっくり読み、内容を正確に把握するよう心掛けている。
09:45
常松さんと1日のスケジュール・業務の打合せ。
営業・事務それぞれの立場から、懸案事項とその対応を確認し、処理の順番、注意すべきポイントなどを話し合い、その日にやるべきことを明確にする。常松さんとは席が隣なので、いつも緊密なコミュニケーションを取りながら業務を行っている。

10:30
海外メーカーの連絡に基づき、お客様に懸案事項の回答、調整案の提示などを連絡する。
FAX、電話、メールなど様々な対応をお客様により使い分ける。
12:30
ランチ。たいていは住友商事の社員食堂。
男性社員と一緒に取ることが多いが、福井さんとランチをすることもある。
13:30
午後は、デスクワークか外出。外出は多い。
デスクワークの場合、お客様と海外メーカーの間に立ち、連絡・報告。また双方の訪問用資料作成など様々。
福井さんと連携しながら進める。 外出の場合には主に防衛省へ。
防衛省本省の訪問は3時間程度だが、関東近郊にある基地や補給処への訪問は半日がかりになる。
来日した海外メーカーの対応をする際には、チーム長と同行することもある。

10:30
防衛省や国内外のメーカーへの業務連絡や書類作成業務。
海外メーカーからの見積を基にお客様への見積の作成や海外メーカーから輸入する製品の通関手続など業務は多種多様。
いずれも専門知識が必要なので、先輩や上司、管理部門へ手順の確認を行う。
12:30
ランチ。いつも同期や先輩と晴海トリトンスクエア内のレストランでとる。
たまに常松さんと昼食をとりながらコミュニケーションを深める。
13:30
外出は週1回程度。お客様への書類提出や来日した海外メーカーのアテンド、製品の検査立ち会いなど様々。製品の検査立ち会いは、東京近郊にある物流業者の倉庫や空港などに出向くため、半日以上かかることが多い。時間に余裕があれば帰社して検査立ち会いの結果を踏まえてお客様からの質問の回答書類の作成など業務を行う。
遅くなる場合は直帰することもある。

17:30
外出先から帰社。お客様との打合せ内容を踏まえ、社内や海外メーカーへ連絡・報告、書類作成を行う。
20:00
退社。会社での飲み会がない時は、原則まっすぐ帰宅する。健康に気をつけているので、帰宅後4kmほどジョギングして軽めの夕食というパターンが多い。仕事が済めば頭が自動的に切り替わる習慣がついていて仕事を引きずることはない。
18:30
帰宅。週1回程度は友人と食事を楽しむ。たまに、業務が終わったあとチームのメンバーと飲みに行くこともある。

住商エアロシステム
コーポレートサイトへ

Copyright©2015 Sumisho Aero-Systems Corporation All rights reserved.