2013年入社。外国語学部英語学科卒。6歳から11歳までアメリカで過ごし、高校時代は英語スピーチ部に所属。大学では英語を専攻し、イギリスに短期留学した。就職では海外と関わる仕事をめざして商社を志望。休日はスポーツジムでエアロビクスやヨガを楽しむ。買い物のついでに長めのウォーキングも。

仕事の範囲がどんどん広がる中、
自分で主体的に考えながらノウハウを習得中。

海上自衛隊で運用される航空機に搭載される電子機器を、海外メーカーから輸入する仕事をしています。主要なお客様は国内の電子機器メーカー。担当する企業は5社、製品は約20プログラム(案件)以上になります。海外メーカーとは主にE-メールでコミュニケーションを取っています。案件によっては、営業担当者と一緒に国内の電子機器メーカーを訪問し、納期・納入状況について打ち合わせたり、会議に出席することもあります。

入社から半年間、指導員から業務の指導を受けました。半年後の秋には独り立ちし、わからないことがあった時に、先輩に聞くようになりました。

担当する案件は、システム・部品などのモノの納入から修理・メンテナンスなどのサービス等様々です。仕事は大変ですが、色々な案件にチャレンジできる環境なので知識・ノウハウもそれにつれて増え、毎日が充実しています。

書類の不備や海外メーカーの都合などトラブルはありますが、その経験から学んだことや注意点を自分なりにマニュアルに盛り込み、同じ事を繰り返さないようにしています。また、苦労するのは海外メーカーとのコミュニケーションです。タイムリーに納期の確認や督促のメールを入れるなど、管理を緻密にすることで、納入が円滑にできるようになってきました。 商社のビジネスは決められた通り進まないことが多いもの。そうした事態を予測し、スケジュールに織り込んで仕事を進めていくことを心がけています。

海外メーカーとの綿密なコミュニケーション。
現場を理解することで連携を強化したい。

入社当初は、すぐに総合職にチャレンジしたいと思っていました。しかし、仕事をしていくにつれて営業事務の難しさや重要性がわかり、今はこの仕事をしっかりマスターして、次のステップに進みたいと考えています。

また、これからチャレンジしたい事は海外出張です。海外メーカーから幹部や営業・技術の責任者が来日する機会は多いのですが、残念ながら営業事務担当者の来日はめったにないため、こちらから訪問したいです。担当同士直接会って話し、先方の現場を見れば、コミュニケーションがさらにスムーズになると思うからです。

住商エアロシステムは女性の先輩にパワフルでかっこいい人が多いのもいいところ。営業事務でも営業担当者と同様な動きをしている人や、海外に出張している人もいます。

会社全体が、女性に活躍してほしいと真剣に考えていて、育ててくれているので、仕事はハードですがとても働きやすい環境です。わからないことは何でも聞けますし、こちらから相談しなくても、悩んでいると上司や先輩だけでなく、他部署の人たちまでが声をかけてくれます。人と人が近いのも住商エアロシステムの良さだと思います。

素敵な先輩たちの中でも、特に目標としているのは経理部の先輩です。とても明るく、経理のことで分からないことがあると優しくていねいに教えてくれるので皆に頼りにされています。私も、今後そういう人になりたいです。

住商エアロシステム
コーポレートサイトへ

Copyright©2015 Sumisho Aero-Systems Corporation All rights reserved.