2014年入社。外国語学部ドイツ学科卒。子供の頃から英語に興味を持ち、大学では語学の幅を広げたいとドイツ語を専攻。就職では地元名古屋で海外と関わる仕事ができる会社をめざした。住商エアロシステムの説明会で女性社員の仕事にかける熱意に共感し、営業事務でも営業活動にチャレンジできることに魅力を感じて入社を決めた。

航空機産業の中心地名古屋で、航空自衛隊向けビジネスを担当

海外営業事務の仕事は、見積や契約・発注・輸入・納品・請求といったビジネスの各段階に関わる書類の作成や、調達先の生産管理・納品管理など、多岐にわたります。取扱品目は1000品目以上あり、それぞれの進捗状況が違うので、担当営業と注意深く連携をとりながら仕事を進めていきます。
書類や扱う製品について覚えることがたくさんあり、日々勉強することが大切だと感じますが、仕事についてわからないことは先輩がていねいに教えてくれますし、チームリーダーや営業担当の先輩たちも気遣ってくれるので、不安を感じることなくひとつひとつの業務にチャレンジ出来る環境があると感じています。
住商エアロシステムは社員一人一人との距離が近いのがいいところ。全員が顔と名前を把握していて、何でもざっくばらんに話せるので、難しい仕事をしていても、社内の雰囲気はとても明るいです。

営業活動の一端を担えるような人材をめざす

特に苦労するのは製品の納期調整。海外機器メーカーとメールや電話を通じて英語でコミュニケーションをとりながら、生産管理をしているのですが、メーカー側にも様々な事情があるので、納期が遅れがちになることがあります。

高度な技術を用いた機器を取り扱っており、高い品質・信頼性が要求されるため、スケジュール通りに造ることが簡単ではないことも理解できます。しかし、部品・機器の納期遅れは、お客様の航空機修理やフライトスケジュールの遅れにつながりますので、担当営業と協力して海外メーカーと粘り強く交渉・説得します。こうした困難をいくつも乗り越え、求められる製品を納期通りに納めるところに商社の存在意義があります。

仕事の進め方で気をつけているのは、先を読むこと。たとえば海外メーカーの言葉から、手がけている品目にどんな問題が起こるかを予測し、契約書や関連書類を予め用意します。予測したとおり、担当営業から「その書類を用意してほしい」とリクエストがあり、即座に渡すことができたときはうれしいですね。

小さなことですが、ビジネスでは状況を理解し流れを読むことがとても重要です。事務職もビジネスの内容を理解し主体的に考えることで、会社に貢献できることが増えていきます。
先を読むことの大切さは先輩を見て学びました。ほかにも学ぶべきことはたくさんあります。

事務の仕事はひとつひとつの業務の基礎の上に成り立つものだと信じています。多様な知識をしっかり身につけ、チームの一員として活動の幅を広げていきたいと考えています。

住商エアロシステム
コーポレートサイトへ

Copyright©2015 Sumisho Aero-Systems Corporation All rights reserved.